脇脱毛 ワキガ

脇脱毛するとワキガになるって本当?逆にワキガの人は治るの?

脱毛に関する噂は色々なところでされていますが、中でも脇の脱毛を行うと、ワキガになってしまうというものです。

 

せっかくつるつるの綺麗な脇を手に入れても、臭いがしたのでは意味がありませんね。実は結論から言うと、脱毛が原因でワキガになるという事は医学的にも考えられません。

 

しかし実際に脇の脱毛で、ワキ臭がきつくなったという人がいるのも事実です。これは何故かというと、脇の脱毛を行うと毛が無くなるので、汗をかいたときに下に流れ落ちやすくなります。

 

そうするとかいている本人は、あれ?汗が増えたのかな、という思い違いを起こします。その気になるという思考や、汗が多くなったと焦る事で精神性発汗が出てきます。

 

通常汗はエクリン汗腺から出ている臭いのしない普通の汗と、精神的な緊張や自律神経のバランスの崩れなどによって出てしまうアポクリン汗腺の2種類があります。

 

ワキガ臭のツンとした臭いは、この精神的発汗であるアポクリン汗腺からでる汗が原因ですので、汗が増えたという焦りが臭いを生んでしまっているケースがほとんどでしょう。

 

ワキガは後天的な理由でもなる症状でもあるため、脱毛途中で脱毛とは全く関係のない理由でワキガになる事もあります。それを脱毛が原因だと思ってしまう、というケースもあります。

 

しかし脱毛を行うとワキガが治るといった事もよく聞きますが、こちらに関しては可能性はあります。ワキガの臭いは、毛についた汗や皮脂汚れに常在菌が集まり独特の嫌な臭いがします。

 

また毛が密集していると湿度が上がり、その部分が蒸れて臭いが発生してしまうのです。それが毛がなくなる事によって臭いが軽減される事があります。

 

また脱毛のレーザーやフラッシュなどの強い光によって汗腺が破壊されたり、働き自体が弱まるとも言われています。ただ全ての人がそうなるという訳ではありませんし、元々重度のワキガで悩んでいる方は軽度の方と比べると治りにくいでしょう。

 

ワキガ治療の一環で脇脱毛を行う所もあるので、脱毛によるワキガの軽減はじゅうぶん考えられる事です。