脱毛サロン VIO

脱毛サロンでVIO脱毛する場合のやり方ってどんな感じなの?

脱毛の中でもVIOラインは見せるのが恥ずかしいので脱毛を敬遠する人が多いですね。

 

しかしVIOラインの毛をそのまま放っておいたり、自己処理して傷が入ると肌荒れやかぶれの原因になるとも限りません。また毛が長いままだと汗をかいた時にムレやすく臭いの元ともなってしまいます。

 

できればプロの手で綺麗に脱毛してもらう事をおすすめします。VIOラインで気になるのはその脱毛の仕方では無いでしょうか?

 

多いのはサロンが用意した紙のパンツを履いて、脱毛する箇所をずらしながら行うのが一番ポピュラーでしょう。その他にもタオルで巻いてずらしながら脱毛したり、サロンによってはTバック式のパンツを持参して下さいと言われるところもあります。

 

Vラインはビキニラインですので、仰向けに寝て足を閉じた状態で行います。パンツをずらしながら脱毛する事が多いでしょう。

 

Vラインはそこまで恥ずかしさはありませんが、問題はIラインですね。Iラインは女性の大事なところの外側の縦に生えている毛の部分ですから、ここは片足は真っ直ぐでもう片足をがに股にずらして行います。

 

しかしパンツを履いているので、本当に大事な所は見えませんし、施術をするのは女性のプロですから何人も見ているので、恥ずかしがる必要はありません。

 

Oラインはお尻の肛門周辺ですが、うつ伏せでお尻を広げながら行うか、四つん這いが多いです。四つん這いは少ししんどい体制ですのでうつ伏せがおすすめです。

 

Iラインと同様にOラインも恥ずかしい部分ではありますが、生えていても無意味な場所ですので無い方が良いですね。デリケートな部分ですし面積も狭いので、どの部位もそこまで長時間の脱毛にはなりません。

 

VIOラインで安いサロンはミュゼです。両わきとともに脱毛して100円ですが、やってくれるのはVラインのみです。IラインとOラインは100円ではないので、注意しましょう。

 

VIOライン全てを脱毛してもらいたい場合は、ジェイエステティックのVIOライン2回コース5000円か、TBC、エピレの2回コース6000円が安い価格となっています。